フローラルフォームを捨てるには?(Q&A付き)


フラワーアレンジメントに欠かせないフローラルフォーム(吸水性スポンジ、オアシスとも呼びます)。

これまで、
第1話 フローラルフォームはどこで買ったらいいですか?(→☆☆☆)と、
第2話 フローラルフォームに水を含ませるには?(→☆☆☆)
第3話 フローラルフォームを器にセットするには?(→☆☆☆)
についてご説明してきました。

さて、長く楽しんだアレンジメント。
お花がしおれてしまった後の処理はどうしたらいいでしょう。
今回は、使用後のフローラルフォームを捨てる方法をまとめました。
参考にしていただいて、賢くすっきりと処理しましょう。

花や葉を抜く


まずは、挿してある花や葉をフローラルフォームから抜いて捨てます。
すべての花が同時にしおれてしまうわけではないので、
まだ咲いている花があれば、オアシスの中に挿してあった部分はハサミで斜めにカットし、コップなどに入れておけば、まだまだ楽しめるものもあると思います。

手でつぶす


花や葉を抜いた後の、穴だらけのフローラルフォームを手でつぶし、水分を抜きます。
この時、大きい塊のままではつぶしにくいので、ナイフで小さめに切ってからつぶすとつぶしやすいです。

小さくカットして、

つぶします。


捨てる


八王子市の場合、フローラルフォームもセロハンも可燃ごみになりますが、自治体によって違いますので、ご確認ください。
八王子市の方は、可燃ごみの袋に入れて出しましょう。


使用済みのフローラルフォームは量があると捨てるのが大変です。
日常的に大量のフローラルフォームを使うお花屋さんでは、つぶすための専用の機械があることも!

ご家庭でも、なるべくためずに処理するといいですね(←私への言葉^^;)

よくある質問


Q:
使用後のフローラルフォーム、乾かしてもう一度使ってもいいの?
ひっくり返せば使えそうな気がします。

A:
確かにひっくり返せば、表面には穴がなくて、もう一度使えそうな気がします。
でも、スポンジの中は、茎を抜いた後の空洞だらけ。
そこに花を挿してしまうと、茎の先がスポンジに密着することができずに、水をたっぷり吸えず、早くしおれてしまいます。
また、一度使うと、スポンジ内にカビや雑菌が繁殖していますので、花によくありません。
フローラルフォームは1回きりの使い捨てと考えてください。


Q:
つぶすのは大変なので、そのまま捨てたらだめですか?

A:
フローラルフォームはお水をたっぷり含んでいます(フローラルフォームとほぼ同じ体積の水を含むことができるのです)。
そのままでは水を捨てているようにごみ袋が重くなるので、つぶした方がいいです。


Q:
乾かして捨てれば、重くないのでいいですか?

A:
それでもいいですが、かさがありますよね。
八王子市の指定ごみ袋は、周辺の自治体に比べて高いそうです!
(それが、ごみの減量に一役かっているそうですが)
つぶして捨てたらかさも減って袋代が節約できますよ^^


いかがでしたか?
アレンジを楽しんだ後の処理まで知っていれば、アレンジも存分に楽しんでいただけるのではないでしょうか。


次回、最終回は、「いろいろな形のフローラルフォーム活用法」をお伝えしたいと思います。

関連記事

PAGE TOP
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus